金熊寺から四ッ石山、384.4m

2007/02/26

シマヤン、ノブヤン、ショウタン

泉南市、阪南市、紀ノ川市境界

和泉砂川09:13〜金熊寺 9:20 〜梅林9:30〜ログハウス10:00〜採石場上11:13〜四ツ石山11:30〜12:54下り込み暗部13:26〜山中渓駅14:15

コース図


2月20日に銀の峰ハイキングコースから四ノ谷山を超えて、県道貝塚岩出線に出て紀ノ川市境谷から槌ノ子峠経由で四ッ石山に登ったがその時
金熊寺からのコースが気になり、次回は金熊寺から登ろうと話し合っていた。今回はノブヤンモ参加した。
                                          前回の記録
                                 http://www.syotann.com/yotuisiyama1.html

JR阪和線ノ和泉砂川駅前からコミニュティバスに乗り金熊寺に9時10分ごろついた。バス停から少し南に歩き西に金熊寺に向かう
金熊寺前から梅園の茶店の横を通り南に林道を進み梅園の南にある小さな池ノ横からアスファルトの道を又南に進む、この道が分らずウロウロと時間がかかった。

梅園の中を抜け茶店から真南に見える池に向かう。この南側のアスファルトの道からはいると、ログハウス状の家がある。この先少し行くと谷川に架かる橋があり右岸側に渡り後は真っ直ぐです。ここまで道が分らず少し時間がかかった。


南側から見た金熊寺梅園、今年は暖冬ですがマダ五分咲でした。



ログハウス状の家の前を通り、谷川に架かる橋を右岸に渡る



ここで少し分らなくなり工事の方に尋ねた。地図だけではコースは読みにくい。

後は道なりに真っ直ぐで踏み跡もしっかりと付き道は解りよい。
杉林の中を通り、鉄塔のある尾根に登り、又下り次の尾根に登るまでは一汗も二汗もかく急坂ですが道は比較的良い。



鉄塔のある尾根に登り、又下り込み登り返すとそこから四ッ石山が望める



雑木林の中を通り少し荒れた道を過ぎると採石場の上にでる。ここからの眺めはよい。金熊寺からのコースはここ意外見晴らしはなかった



この先に少し急登があります



時間も十分にあるし大きな倒木が2〜3有ったから整備しながら登った



11時30分に四ッ石山に着いた。前回と違い登山者は多い


チョット一杯泡立ち麦茶を頂き、1時間少し雑談や次回の山行、シマヤンのニューガーミンの取り扱いなどでワイワイガヤガヤと過ごす。
下りは標識に沿って谷川まで下り込み、ここでノブヤンは鉄塔道から、わんぱく王国に、シマヤンとショウタンは、谷川に沿って下り、県道に出て山中渓の駅前に出た。どちらのコースもほとんど時間差はなかった。


谷川から砂防ダム方向に下る。踏み跡はある



砂防ダムを越えると道は広くなりすぐに高速の下のトンネルに出て、府道を山中渓に向かう



ほんの少しわんぱく王国に出たノブヤンより早かったから付近の史跡を見ていた。
山中関所跡の看板



戻る