伯母子岳

五月六日夜八時頃タマチャンからメール明日暇かい、もちろん、いつ時も暇、伯母子岳の誘いである
以前、気まぐれの伯母子が大雨で中止になり、今日も、大雨が降っているが、
明日ダメなら二度目の中止ですが、私の天気男を信じての誘いらしい。責任を感じる。????

朝、3時頃は、未だ大雨、大丈夫かいな。六時に起きるが未だ雨。予定の7時半出発、未だ雨が降っている
高野山から、高野竜神スカイラインに入るがすごい霧で運転がしづらい。
護摩山スカイタワー前に着くが、未だ雨とすごい霧、晴れるさ、信じながら、林道奥千丈線に向かう

スカイラインから7キロで奥千丈線登山口です。すでに登山口には1台の車が止っていた。
女性二人組の方だ、私たちも準備を始める、ヤヤや、天気男はすごい物だ、雨が止んだ
しかし、霧はすごい、しかし50mは視界が効く、勝手しったる道だ、登山開始

10:28 登山開始、きりが幻想的だ
道は、伯母子遊歩道と成っている
広い。綺麗な道だ

11:01 口千丈岳 1330.8m 相も変わらず霧が出る

11:21牛首山付近は見晴らしが良いですが、霧のため視界が無い、

11:59遊歩道から伯母子岳への取り付き

11:59 後少し

12:16山頂に着く

タマチャンと二人きりの山頂、時間もたっぷりと有るし、30分ほど、山頂のゴミなど整理して
伯母子小屋に向かう。東側から下れば立派な小屋が造られている。
トイレも綺麗です。野迫川村に感謝致します。

13:08

小屋に入ると新宮から小辺路を歩き2日目の方達が休息されていた。
聞けば、新潟や、東京方面かららしい。世界遺産登録の影響か??
又、しばらく休憩していると、四国88カ所を歩き、高野山に参り。
小辺路を熊野に歩き、帰りは、奥駈から吉野に入る計画の方が入ってきた。
仙人か?聞けば64歳これが最期のつもりと言う。四国の方らしい
何度も、この超人的コースをやったと言うことらしい。
リュックは、相当重そうだ。木屋駆けで行くそうだ。
感動して記念撮影をお願いした。

まだ霧が晴れない、しかし仙人とお会いできたことは今日の宝だ
私も、まだまだ、頑張れそうに勇気を与えられた。

13:48、木屋を立つ

幻想的な景色を楽しみながら、大又への道に回り、大又出合いを西に取り
遊歩道を奥千丈登山口に帰りました
景色は、最期まで見せてくれませんでしたが、実の多い山行でした

奥千丈登山口16:00