サウンドフライポイントへ

今日は最後の日21kmの距離を歩く、覚悟は決めてはいたが、高齢の参加者が途中で膝関節を痛めダウン、私はオブッテ少し歩いみたが、やはり長くは歩けない、無線で連絡を受けた救助の方達は、オブッテは行かず、両方から肩を貸して歩いた。成るほど。又、最後にブヨに数カ所さされたのもこのコースでした。

空から見たアーサー峡谷





人数が決められた吊り橋


木道 ↓                           巨大なシダ


ここでブヨにやられた
 

川の流れが穏やかになるとゴールは近い


そしてゴールへ33.5マイル地点
ハイカー達は記念に使い古した靴や、ケアーにカジラレタ靴をかけて行く

感無量の感じだった



ここから船でミルホードサウンドに渡る。船の時間が決まっているそれに間に合うように補足を上げた

船が待っていた。
ここはモウ海、フィヨルドの最奥部になる



ロッジは港の近く、今日は夕食後、完歩証の授与と記念パーティー
ここでみんなはシッチャカメッチャカ、アメリカのご夫妻は日本の一気のみを知っていた。カクテルの一気のみ
私はストローで巨大カクテルを一気のみ
親しくなったイギリスの女性と飲み比べ。相手は強い、笑いは止まらなかった。




コースガイドをしてくれたミフさんと


明日はミルホードサウンドへ

ヨーク考えると3泊4日完全な晴天、こんな事はめったにないらしい。無いに等しいらしい
ここでもショウタン天気男を発揮した。いやそれ以上にカアチャンは天気女だ。又全員が天気に付いていた
ミルホードサウンド遊覧は雨になった。雨でも楽しいが分かった
緯度が高いミルホード、森林限界は低い700mと聞く、もちろん裸山が多い、一度雨が降ると、山は滝滝滝、滝だらけ、すごーいでした

私は完全な二日酔い、UKの女性と二人は船室で、反省する事しかり




ホーマートンネル付近にて




そしてバスで飛行機でニージーランドの観光をして帰国しました。もう一度行ってみたいコースです。

観光写真