バリゴヤの頭、強力尾根
2011/11/03
Aチーム
5人

コースタイム
モジキ谷〜1300m地点2時間
岩稜帯〜強力の頭5時間50分
下山 2時間30分
R309歩行を含む総時間 11時間50分
アップした写真のスライドショウ
バリコヤの頭は大峰山脈では難易度の高いピークだろう
そんな中で、今回登ったルートは予想以上に難易度が高く、私のような岩登りが苦手な者には苦労する尾根だった
今回登ったコースは、以前 大峰 山遊会 強力と書かれたピーク北の谷を下った時に見た岩稜帯を登りたく暖めていた
その後、コノ強力と書かれたピークを通るたびに、タブンコノ尾根を登ったグループだろうと尊敬の念を高めていた
そして今回強力尾根を登り、大峰 山遊会 強力 の力を知った
そして、コノ尾根の事を強力尾根と呼ばして頂き、そのピークを強力の頭と呼ばしていただくことにした
  
私の登ったバリゴヤの頭各ルート
 

12号台風以来、川迫川沿いのR309は通行止が続いているが、歩行者なら通行が可能になり、強力尾根を登る事になった
川迫川沿いは紅葉が真っ盛り、R309を歩きながら、今日はここだけでも良いと喜ぶT女は久々に参加した
赤く色づいたモミジの向こうに、目指す強力の頭がそびえる

  
モジキ谷(毛敷谷)の最北尾根に取付く
最初は植林だがこの時期の紅葉は最高だ
尾根は1300m付近までは、ソコソコの傾斜があるが、紅葉の美しさに疲れも吹き飛ぶ ルンルンだ
以前コノ1300m付近に谷からトラバースで下り、この付近の岩稜は見知っていたが、地図で見る以上にソノ岩の険しさを知る事になる。
  
1300m付近で岩稜が出るが、この程度は問題のない岩だ、まだロープなどは必要がない
と直ぐに垂直に立つ岩が出た
リーダーはコースを見極めて、トップで登る
こんなの登れると?T女、今日は弱気だ
  
 

小さな隙間を探し、私の確保でリーダーは登り、私達はブルージックで後に続く
ここに来て、大峰 山遊会 強力が付けたであろう黄色のテープが出た
それでも、コース探しに時間がかかる
第一の岩場でRIKO女とdancyoリーダーを除き三人の力を越えたコースだろうと感じだした
ロープが有れば登れると、リーダーは言うが
ブルージックにぶら下がってしまった、T女とソウルさん、
先ず第一岩場はこなせ、余裕も生まれた
  
  
続いて出たオーバーハングの岩は、コース取りに時間が係る
トラバースできそうな棚は、浮き石が動きとっても危険だ
リーダーは、右手から登ろうとマタマタ小さな隙間にコースを取る
何とか登りきった


続いて小さな棚をトラバースするが、これは難易度が低い

 
モウ岩は出ないだろうと楽観的だが、時間が係りすぎている
このコース5人は多人数なのだろう

私では登る事が出来ないだろうと感じる岩が出た
リーダーは地図と現場と私達の力を考えてコースを決める
小さな棚をトラバースでコースを見るリーダー
向こうでハーケンの打ち込む音が、時間がかかっている
ロープ下さい、テンションと難易度が高そうだ

  
この下は100mはある↑                 小さな尾根はほぼ垂直、横に小さなチムニー、残置ハーケンと立派な杖が落としてあった。

 登りきったソウル氏
本当に力の要るコースだった。2ピッチのロープ

登りきった
さらに岩が立ちふさがり、タイムリミットの時間が迫る
ここで、この岩で時間が係るようなら、ビバーグも覚悟したというリーダー
ジックリとコースを読んでいる時間がない、その時、テープがあったと、コースが解った
テープをあまり信用しない我がリーダーだが、初めてテープが嬉しかったとポツリ
最後の岩は思ったより優しい
登りきると、もうロープなど要らない急傾斜
 
思ったより石楠花の少ない尾根を這い登ると、大峰、強力の頭にリーダーは立っていた
ここに記念の勝手山名版を揚げておいた
 
小雨の降る中登りきった満足感は高いが、残念ながら、ヘッデンタイム
綺麗な雲海も余裕を持って見ていられない
行動食をほおばり、モジキ谷に下る
コノ尾根は、T女は2回、私は三回の経験がある
ヘッデンでも下山は可能だ
夜道に日が暮れないと、安全第一のユックリ下山、途中で行動食をさらに取り、ユックリと下山するが
GPSを活用して、さらに安全コースを下山した
それでも2時間30分の下山時間は昼間並だと、自分ながらに驚いた
今回のコースで最後のR309の国道歩きが一番しんどかった
  
カシバードによる軌跡の実証

戻る
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図
   画像)、数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図50mメッシュ
   (標高)、数値地図10mメッシュ(火山標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した。
   (承認番号 平23業使、第2号)」