ショウタンの山への思い
朝日新聞に以下の記事が載っていた
この夏、日本百名山で見た物、
白馬岳山頂で方位盤を独占するグループ。放し飼いの犬と丹沢山に登る人。
至仏山では、ハイマツの上に荷物。くわえたばこで歩く人もいた。
山は礼儀と非日常の場なのに。百名山は山を愛した作家深田久弥が選び、64年に本にした。
彼は生涯「非流行」の山を求め、百名山を特別視する気など無かった。
山を人間と見なして対話し自らを深めたその精神とは裏腹に、ブームは一人歩きをする。
ブランド志向と相まって完登の達成感が求められ、満願の山頂に記念プレートを奉納する巡礼者もいる
97年にはニュージーランド人が78日間で完登し1週間後に日本人が76日間で抜いた
百で足りなければ二百名山に三百名山、山梨百名山など地域版、世界百名山だってある
深田が嫌ったツアーも山と結びついた。登頂証明書を発行する業者のパンフには「百枚集めるまで頑張りましょう」
登山はスタンプラリーか
ブームが加速したNHK番組「深田久弥の日本百名山」は美しいが影は映さない。
たとえば一極集中による山の過剰利用。丹沢山塊の大倉尾根は道の周囲が踏み荒らされて痛々しい
し尿処理や高山植物の荒廃も各地で深刻だ。
百の頂は現在社会の縮図でもある。品格、歴史、個性を基準に深田は百名山を選んだ。
思えば私たちが失いかけたものばかり、この夏本紙群馬版に載った川柳がある

                    裏山に百名山に無い思い
                                       白石明彦
8日付「ヘラルド朝日に英文掲載」

ショウタンはこの記事を見たとき
私の思い、山に甲乙は無い、すべて名山、謂われの無い山はなし
この思いから私の登山スタイルが決定した
どんな山でも登れば楽しい、楽しくなければ登山じゃない 山は楽しい と